【水】都議会公明党、インド骨肉の争い

執筆者:フォーサイト編集部 2017年1月18日

本日の更新記事は、「信濃町ウォッチング(4)都議会37年ぶり『自公連立解消』の読み方」です。都議選勝利を睨みんで自民党と袂を分かち、小池都知事に擦り寄った都議会公明党。しかし両者の蜜月への布石は、都知事選に先立つ昨年の参院選から打たれていました。

「専門家の部屋」では、「インド」に「『インド最大州』を揺るがす前代未聞『骨肉の争い』」(緒方麻也さん)の新エントリ。中央政府ではなく州での話ですが、インドでも最大州だけに、中央政府にも影響大。それにしても、骨肉の争いというのは愛憎がないまぜだけに根深く深刻です。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top