信濃町ウォッチング
信濃町ウォッチング (4)

都議会37年ぶり「自公連立解消」の読み方

執筆者:フォーサイト編集部 2017年1月18日
タグ: 日本
エリア: アジア
昨年12月15日、東京都議会定例会が閉会し、公明党の控室を訪れた小池百合子知事(前列右から3人目)と同党都議ら (C)時事

 創価学会の「永遠の師匠」(会則)である池田大作名誉会長は、1月2日に満89歳の誕生日を迎えた。平成22年5月を境に池田氏は、大衆の前から姿を消しているが、それ以前の同氏の誕生日には盛大な祝賀パーティが開かれ、多くの幹部や議員に加えて芸術部所属の女優や歌手、タレントやスポーツ選手が列席して華を添え、久本雅美や柴田理恵がコントを披露するなど殷賑(いんしん)を極めた。だがその賑わいもいまはなく池田時代の終焉が間近いことを窺わせる。

カテゴリ:
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
執筆者プロフィール
フォーサイトのお申し込み
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top