「インド最大州」を揺るがす前代未聞「骨肉の争い」

執筆者:緒方麻也 2017年1月17日
カテゴリ: 国際 政治
2012年、州首相に就任したばかりの息子アキレーシュ(左)と、現インド大統領のプラナブ・ムカジーが抱き合う右隣で見守る父ムラヤム。この頃から父子の関係は悪化し始める(C)AFP=時事

 

 インド北部・ウッタルプラデシュ(UP)州は、世界的な観光地タージ・マハルやヒンドゥー教の聖地ヴァラナシー、工業都市カンプールなどを擁し、2億人超の人口を抱えるインド最大の州である。しかも、イスラム教徒やカースト最下層の不可触民などが多数居住しており、貧困や汚職、社会正義の揺らぎなどがしばしば問題となってきた文字通りの「インドの縮図」だ。近年の州議会選挙では、中央の前政権党・国民会議派や、現中央与党のインド人民党(BJP)がいずれも安定多数を獲得できず、地域政党による政権交代が続いている。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top