Δ(デルタ)

連載小説 Δ(デルタ)(4)

執筆者:杉山隆男 2017年5月6日
エリア: アジア
沖縄県・尖閣諸島の魚釣島と北小島、南小島 (c)時事

 

【前回までのあらすじ】

永田町・総理官邸地下の危機管理センター。ここに、巡視船「うおつり」の上空にいる海上自衛隊の哨戒機P3Cからの映像が送られていた。爆破。次々と「うおつり」に乗り込む正体不明の男たち。その様子を見ながら、内閣危機管理官の門馬聡は、ヤリ手の内閣官房長官・井手俊太郎に連絡をとった。

 

     5

 気を失っていたのはそう長い時間ではないだろう。市川は仰向けに倒れた姿勢のまま、薄目をひらき、耳をそばだて、周囲の状況をたしかめると、まず両肘を使って上体を起こし、それからゆっくり立ち上がった。その場で軽く屈伸をし、首を回し、体を左右にひねってみる。背中や腰を動かしたとき微かに鈍い痛みがするのは爆風に吹き飛ばされて床に叩きつけられた打撲のせいだろうが、どうやら骨折や捻挫をした箇所はないようだった。耳の奥にエコーがかかったような違和感が残っているものの、頭痛も特にしない。日頃の訓練の賜物で、瞬間的に両手で頭を抱えこみ受け身の構えをとったことが爆風による衝撃を最小限にとどめたのだろう。もちろん鉄パチをかぶり、ぶ厚い防弾ベストや脛当てを装着していたことが文字通り衝撃吸収のパッドの役目を果たしてくれた点も大きかった。

カテゴリ: カルチャー
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
杉山隆男 1952年、東京生れ。一橋大学社会学部卒業後、読売新聞記者を経て執筆活動に入る。1986年に新聞社の舞台裏を克明に描いた『メディアの興亡』で大宅壮一ノンフィクション賞を受賞。1996年『兵士に聞け』で新潮学芸賞受賞、以後『兵士を見よ』『兵士を追え』とつづく「兵士シリーズ」は7作目の『兵士に聞け 最終章』で完結した。ノンフイクション、小説、エッセイなど精力的に執筆し、『汐留川』『昭和の特別な一日』『私と、妻と、妻の犬』など著書多数。
フォーサイトのお申し込み
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top