【金】マネーの魔術史、シリア爆撃と国際法

執筆者:フォーサイト編集部 2018年4月27日
カテゴリ:

昨日午後、以下の記事をアップロードしました。

アメリカが大恐慌に陥る(マネーの魔術史・野口悠紀雄さん):第1次世界大戦後、「永遠の繁栄」を謳歌していた米国に、突如破局が訪れます。きっかけはダウ平均株価の暴落。世界恐慌の引き金は、1929年に起こりました。

 

17時には、「トランプ『今日のつぶやき』」も更新しています。

 

そして本日の更新記事は、「米英仏『シリア爆撃』は国際法違反なのか」(国際機関の部屋・鈴木一人さん)です。米英仏が強行したシリア爆撃。その理由となった化学兵器使用は許されないことですが、一方で爆撃という行動も国際法違反ではないのか――詳細に検証しています。

 

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」で常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
フォーサイトのお申し込み
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top