またもオーナー辞任!「元」紳士球団「巨人」の根深い「病巣」

執筆者:川口勝男 2018年7月18日
カテゴリ: スポーツ
エリア: 日本
老川オーナーの辞任と自らへの処分を発表し、謝罪する石井球団社長(C)時事

 

 巨人軍は常に紳士たれ――。これはプロ野球読売ジャイアンツの創立者であり、初代オーナー・正力松太郎氏の遺訓だ。しかし今、その巨人は規律が大きく乱れている。

 7月17日、巨人は老川祥一オーナーの辞任を発表。不祥事続出に歯止めがかからない事態の責任を取る形で、自ら身を引いた。石井一夫球団社長と鹿取義隆GMら幹部4人にも報酬の自主返納などの処分が課せられるなど、高まる批判に対して、球団側は一応のケジメをつけたかったようだ。しかし、これだけでは残念ながら抜本的な問題解決に何1つ結び付きそうもない。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
川口勝男 スポーツジャーナリスト。
クローズアップ
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top