原発「廃炉処理」より必要な原電「破綻処理」

執筆者:杜耕次 2018年7月30日
エリア: 日本
「安全審査」で事実上の合格を得ながら、再稼働への道は厳しい東海第2発電所 (C)時事

 

 日本原子力発電(以下原電、本社は東京都千代田区)の東海第2発電所(茨城県東海村)に対し、原子力規制委員会が「安全審査」で事実上の合格証を出したのは7月4日だった。だがその後、再稼働の機運はさっぱり盛り上がらない。

 それもそのはず、同原発は東京都心から約130キロと近接し、半径30キロ圏内の14市町村に約96万人が居住している。すでに「再稼働反対」の声が広がり、地元の東海村はともかく、今年3月に新たな安全協定を結んだ周辺5市(茨城県水戸市、日立市、常陸太田市、ひたちなか市、那珂市)が揃って「再稼働」を事前了解する可能性は極めて低いのだ。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
comment:3
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top