苦し紛れの「4社提携」で露呈した原発事業「八方塞がり」

執筆者:杜耕次 2018年9月3日
エリア: 日本
2018年1月、中部電力浜岡原子力発電所の防波堤を視察する川勝平太静岡県知事(右から3人目)。再稼働は絶望視されているものの、南海トラフ地震への対策で巨大な防波堤が築かれた (C)時事
 

 8月下旬に新聞各紙が大きく報じた東京電力ホールディングス(HD)、中部電力、日立製作所、東芝による「原子力事業提携」。沸騰水型軽水炉(BWR)の運営・製造に関わる4社が、既存原発の保守管理や廃炉作業の共同化、原発新設プロジェクトの再開などで「連合」を形成し、将来的には原発事業全体の統合も視野に入れるとする。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
comment:45
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 最新コメント
  • 最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top