麻酔科医の目から見た「カンボジア」の外科治療「地域格差」

執筆者:医療ガバナンス学会 2018年11月7日
カテゴリ: 国際 医療 社会
現地にて。中央が染川医師(筆者提供)

 

【筆者:染川友理江・東京都立多摩総合医療センター麻酔科医師】

 私は医師5年目の麻酔科医で、今年から麻酔科勤務を続けながら、公衆衛生大学院の修士課程で公衆衛生についても学んでいます。

 2年程前から、アジアの途上国で麻酔科医として医療ボランティアなどを経験し、カンボジアは今回で3度目の渡航となります。

 私が、一番興味関心があるのは、世界の基本的な医療が受けられない人を減らす為の仕事、いわゆる国際保健と呼ばれる分野です。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
医療ガバナンス学会 広く一般市民を対象として、医療と社会の間に生じる諸問題をガバナンスという視点から解決し、市民の医療生活の向上に寄与するとともに、啓発活動を行っていくことを目的として設立された「特定非営利活動法人医療ガバナンス研究所」が主催する研究会が「医療ガバナンス学会」である。元東京大学医科学研究所特任教授の上昌広氏が理事長を務め、医療関係者など約5万人が購読するメールマガジン「MRIC(医療ガバナンス学会)」も発行する。「MRICの部屋」では、このメルマガで配信された記事も転載する。
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top