トランプ政権「閣僚・重要ポスト人名録」(29)スキナー国務省政策立案局長

執筆者:足立正彦 2018年11月22日
エリア: 北米
まだこれから閣僚など複数人を後退させると言われているが……(C)AFP=時事

 

40. キロン・スキナー国務省政策立案局長(57)

 国務省内に設置されたイラン関連の新たな専門部署である「イラン・アクション・グループ(IAG)」を率いる国務長官上級政策顧問兼イラン担当特別代表にブライアン・フック氏が8月中旬に異動したのに伴い、マイク・ポンペオ国務長官は8月末、フック氏の後任の国務省政策立案局長に、スキナー氏を指名した。そして米議会上院本会議での指名承認を受け、9月4日に正式就任となった。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
足立正彦 米州住友商事ワシントン事務所 シニアアナリスト。1965年生まれ。90年、慶應義塾大学法学部卒業後、ハイテク・メーカーで日米経済摩擦案件にかかわる。2000年7月から4年間、米ワシントンDCで米国政治、日米通商問題、米議会動向、日米関係全般を調査・分析。06年4月より、住友商事グローバルリサーチにて、シニアアナリストとして米国大統領選挙、米国内政、日米通商関係、米国の対中東政策などを担当し、17年10月から現職。
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top