予期せぬ「逆風」で「モディ政権」総選挙へのカウントダウン

執筆者:緒方麻也 2018年12月10日
エリア: アジア
マドヤプラデシュ州議会選の応援に駆けつけたモディ首相 (C) EPA=時事

 

 来春に迫った総選挙まで半年、ナレンドラ・モディ首相率いる「インド人民党(BJP)」政権が相次ぐ逆風にさらされている。

「決められない政治」の再来

 一時は2019年総選挙での圧勝・続投が確実視されていたが、2016年秋に実施した「高額紙幣廃止」の効果にマイナスのインパクトを挙げる批判の声が、にわかに高まってきた。「インド準備銀行(RBI)」と政府の対立も、投資家心理に微妙な影を落とす。さらに、フランス政府との間で進めた中型多目的戦闘機「ラファール」の調達を巡っては、購入に至る交渉に不透明な点が指摘され、「国民会議派」など野党が厳しい政権批判を展開している。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top