「バイクで世界一周」に挑む「異色カップル」の「ユーラシア」「南北アメリカ」3大陸制覇の旅(1)

執筆者:フォーサイト編集部 2018年12月29日
エリア: 北米 アジア
走り続けて8万キロ。ついにデナリが姿を現した

 

 長野ナンバーの「ホンダ」の左向こうにドデカく白い山が見える。だが、槍ヶ岳でも穂高岳でも、もちろん富士山でもない。

 ここはアラスカ。あれはかつて「マッキンリー」と呼ばれていた標高6000メートル超の北米最高峰、デナリだ。冒険家の植村直己氏が姿を消した山、と言った方がピンとくるだろうか。

 このライダーは小林剛さん(47)。写真を撮影したパートナーの二俣明日香さん(31)と「バイクで世界1周」に挑んでいる。2017年5月から2018年7月にかけてユーラシア大陸横断と南北アメリカ大陸縦断を達成し、さらに北アメリカ大陸最西端を目指してアラスカに足を延ばした。長野は小林さんの地元である。

カテゴリ: 社会 カルチャー
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top