「副大統領候補」で見えるインドネシア「大統領選」の帰趨

執筆者:川村晃一 2019年1月31日
討論会で顔を合わせた「ジョコウィ・マアルフ組」(左)と「プラボウォ・サンディ組」(C)EPA=時事

 

 4月17日に投開票を迎える大統領選挙に向けた候補者たちのテレビ討論会が1月17日夜、開催された。その模様はインターネットでも同時中継され、ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)上でも候補者たちのやり取りについて多くの投稿がなされた。選挙戦は昨年9月から始まっているが、昨年中は各陣営とも組織票固めの活動が中心で、目立った選挙運動は展開されてこなかった。しかし、年が明けて投票日まで3カ月を切り、徐々に選挙戦も熱を帯びてきた。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
川村晃一 独立行政法人日本貿易振興機構アジア経済研究所 地域研究センター副主任研究員。1970年生まれ。早稲田大学政治経済学部卒、ジョージ・ワシントン大学大学院国際関係学研究科修了。1996年アジア経済研究所入所。2002年から04年までインドネシア国立ガジャマダ大学アジア太平洋研究センター客員研究員。主な著作に、『2009年インドネシアの選挙-ユドヨノ再選の背景と第2期政権の展望』(アジア経済研究所、共編著)、『インドネシア総選挙と新政権-メガワティからユドヨノへ』(明石書店、共編著)、『東南アジアの比較政治学』(アジア経済研究所、共著)、『新興民主主義大国インドネシア-ユドヨノ政権の10年とジョコウィ大統領の誕生』(アジア経済研究所、編著)などがある。
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top