世界を食す「大使の食卓」
欧州の北西端 “美食の国”アイルランドが 生み出す豊かな食文化

(左)真ん中のチーズはチェダーチーズで、両端にあるのはカシェルブルーチーズ。パンは全粒粉のブラウンソーダブレッド。イーストの代わりにソーダを使っている (中)牛のステーキとコルカノン。アイルランドでは牛は生まれてから食卓に上るまで電子管理され安心・安全だ。コルカノンは、ジャガイモとケール、バターで作られており、ふわふわな食感 (右)シーフードも盛りだくさん! “美食の国”アイルランドでは、国が多額の投資を行ってシェフの育成を含む食品産業の発展を促している 撮影・西村 純(以下同)

 

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top