「スタートアップ大国」から「医療大麻大国」へ変貌する「イスラエル」の算盤勘定

執筆者:山田敏弘 2019年3月28日
エリア: 中東
大麻オイルの製品が並ぶ(筆者撮影)

 

 2019年3月、イスラエルのエルサレムは、晴天で日差しは強かったが、気温は10度ほどにしかならず少し肌寒かった。

 筆者はその日、エルサレムから車で1時間ほど西に位置するレバディムに向かっていた。そこで、これからイスラエルが力を入れる最先端産業の研究・開発拠点を視察する予定だったからだ。

 その産業とは、「医療大麻」である。

 2019年1月27日、イスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ首相と閣僚は、閣議で医療大麻の輸出を正式に承認。イスラエルは、1993年から国内での使用を許可してきたが、このたび世界で3番目に輸出を許可する国になった。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
山田敏弘 ジャーナリスト、ノンフィクション作家、翻訳家。講談社、ロイター通信社、ニューズウィーク日本版などを経て、米マサチューセッツ工科大学(MIT)のフルブライト研究員として国際情勢やサイバー安全保障の研究・取材活動に従事。帰国後の2016年からフリーとして、国際情勢全般、サイバー安全保障、テロリズム、米政治・外交・カルチャーなどについて取材し、連載など多数。テレビやラジオでも解説を行う。訳書に『黒いワールドカップ』(講談社)など、著書に『モンスター 暗躍する次のアルカイダ』(中央公論新社)、『ハリウッド検視ファイル トーマス野口の遺言』(新潮社)、『ゼロデイ 米中露サイバー戦争が世界を破壊する』(文芸春秋)など多数ある。
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top