パキスタン反復「経済危機」が物語る「IMF卒業」の難しさ

執筆者:緒方麻也 2019年5月22日
今度こそ「カンフル剤」は効くのか(C)AFP=時事

 

 巨大インフラ投資などによる歳出拡大や対外債務膨張で国際収支の悪化に直面しているパキスタンが5月上旬、「国際通貨基金(IMF)」との間で39カ月、60億ドル(約6600億円)の支援パッケージで基本合意した。

 すでに中国やサウジアラビア、アラブ首長国連邦(UAE)といった友好国から90億ドル以上の財政支援を獲得しているパキスタンは今後、アジア開発銀行や世界銀行からも数十億ドル規模の支援を引き出す見通しで、120億ドルと言われる国際収支のギャップを埋めることは数字上、ひとまず可能となった。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 最新コメント
  • 最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top