「農村関連75%増」でも抜本策に乏しい「インド予算案」

執筆者:緒方麻也 2019年7月17日
タグ: インド イラン
エリア: アジア
2日の党会議に出席したモディ首相(中央)(C)EPA=時事

 

 5月開票のインド総選挙で予想外の大勝を飾って2期目に入ったナレンドラ・モディ首相率いる「インド人民党(BJP)」政権は7月5日、2019年度(2020年3月期)の国家予算案(本予算)を発表した。富裕層への上乗せ税やローコスト住宅購入者への金利補助、電気自動車(EV)への優遇政策などを盛り込んだほか、農業・教育部門への配分を大幅に増やした。

 だが、2月に発表した暫定予算案ほどのインパクトはなく、選挙でも争点となった農村の困窮や製造業振興による雇用創出などに対する明確な政策は示されなかった。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top