トランプ政権「閣僚・重要ポスト人名録」(40)スカリア労働長官

執筆者:足立正彦 2019年10月11日
エリア: 北米
ご自身は「ウクライナ疑惑」で大わらわ(C)AFP=時事
 

51. ユージン・スカリア労働長官(56)

 ヘッジファンドマネジャーで富豪のジェフリー・エプスタイン氏が今年7月、複数の少女買春などの疑いで逮捕・起訴され、翌8月に、拘留中のニューヨーク州の拘置所で自殺した事件は、同氏が英国王室やドナルド・トランプ大統領とも親交があったとされていることから、全米で大きな話題となった。

 同氏は2006年にもフロリダ州で同様の容疑で逮捕・起訴されており、2008年に禁錮1年6カ月の判決が言い渡されていた。ただし、その際の担当検事が同氏と司法取引を行ったことで、実質的に13カ月で出所していた。

カテゴリ: 国際 政治
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
足立正彦 米州住友商事ワシントン事務所 シニアアナリスト。1965年生まれ。90年、慶應義塾大学法学部卒業後、ハイテク・メーカーで日米経済摩擦案件にかかわる。2000年7月から4年間、米ワシントンDCで米国政治、日米通商問題、米議会動向、日米関係全般を調査・分析。06年4月より、住友商事グローバルリサーチにて、シニアアナリストとして米国大統領選挙、米国内政、日米通商関係、米国の対中東政策などを担当し、17年10月から現職。
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top