再始動したインド国営「エア・インディア」売却はモデルケースとなるか

執筆者:緒方麻也 2020年2月6日
タグ: インド
エリア: アジア
今後の「民営化」に道筋をつけられるか (C)AFP=時事

 

 いったんは失敗に終わったインド国営「エア・インディア(AI)」の民営化プロセスがようやく再始動した。

 印民間航空省は1月27日、AIの株式100%の売却に関する計画書を発表。国内の航空会社や外国エアライン、複数の民間企業が株取得に関心を示していることを明らかにした。

 印政府は2018年3月にもAIの民営化に乗り出し、株式の76%を売りに出したが、政府が残り24%を保有して影響力を残すという方式が嫌われて、ついに応札者が現れなかった。

カテゴリ: 政治 経済・ビジネス
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイトのお申し込み
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top