インド「マイナス23.9%ショック」からの回復兆しに影落とす「印中対立」

執筆者:緒方麻也 2020年9月9日
タグ: インド 中国
エリア: アジア
中印国境地帯では俄かに緊張が高まっている(C)AFP=時事

 

 8月31日に発表された2020年4-6月期のインドの実質GDP成長率は、年率で前年同期比マイナス23.9%という、1980年度以降で最悪の数字となった。これは欧州や東南アジア主要国の成長率を下回り、G20諸国では最も低い。

 もちろん、インド政府が3月末に踏み切った都市封鎖(ロックダウン)で、あらゆる経済活動が大幅に制限されたことが背景にある。インド経済が今年度後半からは回復に転じるとの予想も出ているが、失業して農村に帰郷した労働者の再配置には時間がかかり、将来に不安を覚える市民の消費意欲が直ちに回復するかどうかも心もとない。

カテゴリ: 政治 IT・メディア
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイトのお申し込み
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top