日本企業も関与「中国ウイグル族弾圧」で行われる苛烈な「強制労働」

執筆者:阿古智子 2020年9月30日
タグ: 中国
エリア: アジア
中国の劉暁明駐英大使は、ウイグル族に対して行われたとみられる人権侵害の映像を見せられ、「何の映像かわからない」と繰り返すばかりだった(『BBC NEWS JAPAN』より)

 

 「国土」や「国民」は自然発生的に生み出されるのではなく、為政者が創り出すストーリーに基づいて形成される。

 中国政府が盛んに主張する「中華民族」も例にもれず、

 「中国は多民族だが古代より連綿として引き継がれる《中華民族》という一体的な民族=国民観念を有する」

カテゴリ: 政治
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
阿古智子 1971年大阪府生まれ。東京大学大学院総合文化研究科教授。大阪外国語大学、名古屋大学大学院を経て、香港大学教育学系Ph.D(博士)取得。在中国日本大使館専門調査員、早稲田大学准教授などを経て、2013年より現職。主な著書に『貧者を喰らう国―中国格差社会からの警告』(新潮選書)、『超大国・中国のゆくえ5―勃興する「民」』(新保敦子と共著、東京大学出版会)など。
フォーサイトのお申し込み
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top