【スペシャルトーク】日露合作の“忠犬映画”がロシアでヒットした理由

佐藤優(作家)×益田祐美子(映画プロデューサー)×山本修夢(俳優)

執筆者:フォーサイト編集部 2021年6月22日
エリア: ヨーロッパ
ソ連時代のモスクワ。空港の滑走路ではぐれた飼い主を待ち続ける一匹の犬と、母の死で心を閉ざした少年の心温まる交流を描いた日露合作映画。©2021パルマと秋田犬製作委員会
忠犬ハチ公を知らない日本人はいないが、ソ連時代のロシアにも似たような忠犬物語があった。海外に赴任した飼い主を空港で待ち続けるシェパード犬「パルマ」と孤独な少年との心温まる交流を、実話に基づいて描いた日露合作映画『ハチとパルマの物語』が、ロシアでヒットしているという。同作のプロデューサー益田祐美子氏と、出演した俳優の山本修夢氏、そして作家の佐藤優氏がその理由について語り合った。

 

いちばん良い時代のノスタルジー

益田 日本では5月28日から公開中の『ハチとパルマの物語』ですが、実はロシアでは一足早く3月から公開されていまして、ありがたいことに大ヒットを記録しております。ロシアでは現在までに160万人が観たと言われています。そのヒットの秘密を、元外交官でロシア通の作家、佐藤優さんに伺います。

カテゴリ: カルチャー
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイトのお申し込み
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top