中国はアフガニスタンに軍事介入するか?

執筆者:山口信治 2021年9月1日
エリア: アジア 中東
アフガニスタン国境を管轄するのは人民解放軍の西部戦区(C)AFP=時事
 
​中国は米軍撤退による力の空白を埋めるようにアフガニスタンへ介入していくのか。考え得るシナリオと形態を、中国政治・安全保障の専門家である山口信治・防衛研究所主任研究員が解説する。

 2021年8月15日、アフガニスタンの首都カブールが陥落し、タリバンが勝利を宣言した。米軍の完全撤退の期限が迫る中で、カブールの治安は急速に悪化し、アフガニスタンを逃れようとする人々がカブール空港に殺到。その中で8月26日、IS-K(イスラム国ホラサン州)による自爆テロが発生し、米軍関係者を含む110名以上が死亡した。

 注目されるのは、米軍撤退後、中国がアフガニスタンにどのように関わるのかという点である。中国は、米軍撤退後の力の空白を埋めるように、アフガニスタンに介入していくのだろうか。しかし中国にとって、カブール陥落は必ずしも良い面ばかりでなく、不安も大きく、喜んで力の空白を埋めに行くという状況にはない。

この記事だけをYahoo!ニュースで読む>>
カテゴリ: 政治 軍事・防衛
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
執筆者プロフィール
山口信治 防衛省防衛研究所地域研究部 中国研究室 主任研究官。専門は中国政治・安全保障、中国現代史、中国の党軍関係、米中関係。慶應義塾大学法学部卒業後、同大学院を経て防衛研究所に入所。2015年から現職。単著に『毛沢東の強国化戦略』(慶應義塾大学出版会、2021年)、共著に『防衛外交とは何か―平時における軍事力の役割』(勁草書房、2021年)、『よくわかる現代中国政治』(ミネルヴァ書房、2020年)、『現代中国の政治制度-時間の政治と共産党支配』(慶應義塾大学出版会、2018年)、『中国対外行動の源泉』(慶應義塾大学出版会、2017年)などがある。
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top