自民党総裁選「4候補」のブレーンは誰か

IN-DEPTH【ニュースの深層】

2021年9月20日
エリア: アジア
史上稀にみる混戦模様(C)時事
自民党総裁選が幕を開けた。知名度の高い河野太郎ワクチン担当相に岸田文雄前政調会長と高市早苗前総務相、野田聖子幹事長代行が挑む構図で、党内でも個性的な面々が集まった。各候補は多様な政策を掲げて独自色を際立たせているが、それぞれのブレーンや後ろ盾を分析すると、永田町での立ち位置まで見えてくる。

 

異端児を登用する河野氏

「初当選からこの25年間、私は世の中を便利にしたり、新しい価値を生み出すことを邪魔している仕組みやシステムと徹底的に戦ってきた」

 河野太郎氏は9月17日、立候補を届け出た直後の立会演説会でこう語り、突破型の持ち味をアピールしてみせた。

 こうした河野氏の改革姿勢を下支えしているのは、政策シンクタンク「構想日本」総括ディレクターで内閣府政策参与の伊藤伸氏だ。河野氏は昨年9月に行革担当の閣僚に就任した後、伊藤氏に直接「知恵を貸してほしい」と頼み込み、参与に登用した。

カテゴリ: 政治
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
フォーサイトのお申し込み
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top