リビアが直面する「首相が2人」の異常事態(上)大統領選挙はなぜ延期されたのか

執筆者:小林周 2022年5月23日
カテゴリ: 政治 軍事・防衛
エリア: 中東
GNUのドベイバ暫定首相(C)AFP=時事
リビアでは「アラブの春」に伴うカダフィ政権崩壊から10年以上が経っても内戦後の国家再建が進まない。「統一政府」発足に向けて2021年12月に大統領選と議会選を行う予定だったが、延期されたまま実施の見通しが立たず、ついに「2人の首相」が併存する異常事態となっている。(後編はこちらのリンク先からお読みください)

 

 2021年12月24日に予定されていたリビアでの大統領・議会選挙は、選挙予定日の2日前に延期が発表され、今後の実施可能性についても不透明なままである。暫定政府が存続するにもかかわらず、2022年3月には代表議会(HOR)が新政府を承認したことで、「1つの国に2人の首相」が併存する事態となった。「アラブの春」以降10年以上、政治・治安情勢が不安定であり続けたリビアにとって、選挙への道のりは決して容易ではなく、政治対立の激化や内戦への逆行が危惧されている。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
執筆者プロフィール
小林周 中東・エネルギー専門家。慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科にて修士号、博士号取得。米国・戦略国際問題研究所(CSIS)、日本エネルギー経済研究所中東研究センター主任研究員などを歴任。2021年よりチュニジア在住。専門はリビアを中心とした中東・北アフリカの政治・安全保障・エネルギー地政学。
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top