ロシア「ウクライナ侵略」で高まるリビアの戦略的重要性

執筆者:小林周 2022年5月24日
エリア: 中東 ヨーロッパ
リビア東部のブレガ港(C)AFP=時事
ロシアが内戦に介入してきたリビアでは「2人の首相」が併存する異常事態が生じているが、いずれも表向きはロシアを非難しつつも協力関係は維持する方向で一致している。ウクライナ侵略で苦戦を強いられているロシアにとって、リビアの戦略的重要性はますます高まっているという。

 

 ロシアのウクライナ侵略は様々な形で世界に影響を与えているが、中東・北アフリカ諸国も例外ではない。

 本稿ではリビアに焦点を当てて、大統領選の延期によって不安定化する同国がロシアのウクライナ侵攻に巻き込まれている状況を分析する。この分析を通じて、一見するとロシアとウクライナ(および同国を支援する欧米諸国)の対立からは隔絶されたリビア情勢が、様々な形で結びつき、国際情勢に影響を与えている様相を示す。

「2つの政府」は欧米の支持を求めロシアを非難

 4月7日の国連人権理事会におけるロシアの理事国資格の停止決議において、アラブ22カ国の中で唯一リビアが賛成票を投じたことが注目された(中東諸国としてはイスラエルとトルコも賛成)¹。西側諸国が制裁を含めロシアに厳しい政策を取る一方で、中東諸国は(程度の差はあれ)旗色を鮮明にすることを避けており、シリアやイランのようにあからさまに親露の立場を示す国もある。このような中、湾岸アラブ諸国のように欧米に安全保障面で依存するわけでもなく、ウクライナと特筆すべき友好関係にもないリビアが、国連の場でロシアに対し厳しい立場を示した背景には何があるのか。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
執筆者プロフィール
小林周 中東・エネルギー専門家。慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科にて修士号、博士号取得。米国・戦略国際問題研究所(CSIS)、日本エネルギー経済研究所中東研究センター主任研究員などを歴任。2021年よりチュニジア在住。専門はリビアを中心とした中東・北アフリカの政治・安全保障・エネルギー地政学。
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top