深層レポート 日本の政治 (237)

「公明」弱体化で自民保守層に燻る「不要論」

2022年9月28日
タグ: 岸田文雄 日本
エリア: アジア
前途多難な山口代表(C)時事
公明党の山口那津男代表の異例の8選は、同党の後継難と集票力低下という退潮を物語る。安全保障政策で相容れない自民保守派に燻る「公明不要論」が再び火を噴く可能性も――。

 

 公明党は9月25日の党大会で、同日に任期満了を迎えた代表選に関し、山口那津男代表(70)の無投票8選を正式に承認した。当初はこの期に世代交代を図る予定だったが、来春の統一地方選に向けて党勢の立て直しを図るには山口氏しかいないとの声が強まり、一転して続投が決まった。改めて人材難が浮き彫りになったが、自民党とのパイプの先細りや支持母体・創価学会の高齢化など難題が山積しており、山口氏の前途は険しい。

「後継難」という深刻な病巣

「次世代を担う議員とともに闘う中で、これまで培った経験をしっかりと伝え、後進の育成に全力を注ぐ決意だ」

この記事だけをYahoo!ニュースで読む>>
カテゴリ: 政治
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
フォーサイトのお申し込み
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top