感染者9億人? 出口戦略なき「ゼロコロナ」放棄で習近平が払うツケ

執筆者:中澤穣 2023年1月25日
エリア: アジア
「ゼロコロナ」放棄後も中国・重慶市の病院では病床が足りず、コロナ感染者はロビーの簡易ベッドで治療を受けていた (C)AFP=時事
感染爆発は全土を覆っている。無策のまま「ゼロコロナ」を放棄した習近平指導部は、自らの言葉に対する信用を失うという困難を抱え込んだことになる。

 中国の習近平指導部は昨年12月7日、厳しい行動制限で新型コロナウイルスの感染を抑えてきた「ゼロコロナ」政策を放棄した。出口戦略のないまま「ゼロコロナ」を終わらせ、何の準備もなく「ウィズコロナ」に突入したツケは庶民に回った。感染爆発は多くの人々を苦しめ、3期目が始まったばかりの習近平指導部に対する信頼にも傷がついた。

「この人が死んだら」

 年の瀬が押し迫った昨年12月末、普段は北京で働く王さん(女性、30代)が山西省の実家から私に「北京に知り合いの医師はいないか」と連絡してきた。残念ながらいないと伝えたが、彼女は問わず語りに「人生で最も悲惨な数日間」を話し始め、罪を悔いるかのように「あの時、たしかに人の死を祈った。そんな自分が悲しい」と声を詰まらせた。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
執筆者プロフィール
中澤穣 1977年生まれ。東京新聞外報部デスク。早稲田大学政治経済学部卒、一橋大学言語社会研究科修了。東京新聞社会部(司法担当)や中国総局長などを経て現職。
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top