国際論壇レビュー

9.11から10年――あの日から世界はどう変わったか

執筆者:会田弘継 2011年9月16日
エリア: 中東 北米
アメリカと世界に大きな衝撃を与えた(c)AFP=時事
アメリカと世界に大きな衝撃を与えた(c)AFP=時事

 9.11テロから10年。ニューヨークは「あの日」と同じように晴れわたった。崩れ落ちた世界貿易センタービルの跡地「グラウンド・ゼロ」。そこで行なわれた犠牲者追悼式典には、オバマ大統領とブッシュ前大統領がともに参列した。ビル跡地に造られた巨大な人工池を囲んで置かれた銅板には、犠牲となった3千人近い人の名が刻まれ、はじめて公開された。愛した夫や妻、子や親の名をなぞって泣き崩れる遺族たち……。犠牲者には日本人24人がいたことも忘れてはなるまい。  あれからの10年を、どう考えたらいいのか。あの日から世界はどう変わったのか。アメリカ、そして世界のメディアと論客は、さまざまな視点を伝えている。

カテゴリ:
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
執筆者プロフィール
会田弘継 関西大学客員教授、ジャーナリスト。1951年生まれ。東京外語大英米語科卒。共同通信ジュネーブ支局長、ワシントン支局長、論説委員長などを務め、現在は共同通信客員論税委員、関西大学客員教授。近著に『世界の知性が語る「特別な日本』』 (新潮新書)『破綻するアメリカ』(岩波現代全書)、『トランプ現象とアメリカ保守思想』(左右社)、『増補改訂版 追跡・アメリカの思想家たち』(中公文庫)など。訳書にフランシス・フクヤマ著『政治の衰退』(講談社)など。
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top