国際人のための日本古代史
国際人のための日本古代史 (22)

時代の境目のキーワードは「異端児」「地方」

執筆者:関裕二 2011年12月15日
タグ: 日本

 大阪市長選挙で橋下徹氏が当選した。既成政党の惨敗に、時代の節目を感じた人も少なくないはずだ。
 不思議なことなのだが、古来歴史の流れが変わる瞬間、活躍するのは、「異端児」や「地方」であった。
 たとえば5世紀後半に現れた第21代雄略天皇は、異端児であった。
 ヤマト建国来、大王(天皇)は祭司王で、強大な権力は与えられていなかった。ところが5世紀に入ると、変化が起きる。朝鮮半島北部の騎馬民族国家・高句麗が南下政策を採り始めたため、ヤマト朝廷は軍事介入を始めた。ここに、強く迅速な意志が求められるようになり、この時登場したのが、雄略天皇であった。
 そもそも雄略に即位の芽はなかった。けれども、安康天皇暗殺事件の混乱に乗じて、玉座を手に入れた。雄略は複数の皇位継承候補に謀反の嫌疑をかけ、順番に殺していったのだ。当時最大の権勢を誇っていた円大臣(つぶらのおおおみ、葛城氏)をも滅ぼしてしまう。
 雄略天皇は、乱暴な性格だったらしい。『日本書紀』によれば、「自分が正しい」という信念から、誤って多くの人々を殺してしまったという。だから人々は「大(はなは)だ悪しくまします天皇なり」と罵った。やはりこの男は、異端児であった。
 一方で雄略天皇は強権を発動し、旧態依然としたシステムを一気に潰しにかかった気配がある。
 5世紀後半は、旧体制側の豪族たちも衰退し、新たな勢力が勃興する時代でもあった。この流れに乗った雄略天皇は、さしずめ古代版・織田信長といったところか。

カテゴリ: カルチャー
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
関裕二 1959年千葉県生れ。仏教美術に魅せられ日本古代史を研究。武蔵野学院大学日本総合研究所スペシャルアカデミックフェロー。著書に『聖徳太子は蘇我入鹿である』(ワニ文庫)、『藤原氏の正体』『蘇我氏の正体』『物部氏の正体』(以上、新潮文庫)、『伊勢神宮の暗号』(講談社)、『天皇名の暗号』(芸文社)、『「死の国」熊野と巡礼の道: 古代史謎解き紀行』 (新潮文庫)など多数。最新刊に『神武天皇 vs. 卑弥呼 ヤマト建国を推理する』(新潮新書)、『古代日本人と朝鮮半島』(PHP文庫)、『「始まりの国」淡路と「陰の王国」大阪: 古代史謎解き紀行』(新潮文庫)がある。
キャンペーンお申し込み
フォーサイトのお申し込み
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top