堕ちゆく世界の迷走
堕ちゆく世界の迷走 (22)

世界が感じ始めた「欧州の日本化」という現実

執筆者:青柳尚志 2012年6月22日
エリア: ヨーロッパ
ゼロ泊3日の強行軍でG20に出席した野田首相(c)EPA=時事
ゼロ泊3日の強行軍でG20に出席した野田首相(c)EPA=時事

 これは形状記憶合金とでもいうべきなのだろうか。消費税率を段階的に10%に引き上げる消費増税法案に、自民、公明の両党が歩み寄り民主党との3党合意が成立した。決められない政治という常套句をよそに、日本の政治は財政再建に一歩を踏み出した。野田佳彦首相はさぞや鼻が高いだろう。  1994年に成立した自社さ3党連立を想起させる今回の3党合意。合意を促した影の主役は2人いる。橋下徹大阪市長と小沢一郎元民主党代表だ。橋下市長は「消費税は地方財源に」という立場から、小沢元代表は「増税は景気悪化を招く」との立場から、それぞれ消費増税に反対してきた。

カテゴリ: 経済・ビジネス
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top