「みずほ」だけの問題ではない金融界の「反社勢力」対応

執筆者:鷲尾香一 2013年10月23日
エリア: 日本
 会見でも虚偽説明をしていたみずほ銀行の佐藤康博頭取 (C)時事
会見でも虚偽説明をしていたみずほ銀行の佐藤康博頭取 (C)時事

 みずほ銀行がオリエントコーポレーション(以下、オリコ)の自動車ローンに対して実施した融資に反社会的勢力が含まれており、それを認識しながら2年以上にわたって放置 していた問題は、大きな社会問題となった。230件超、2億円の融資が反社会的勢力に対して実施され、その中には暴力団員も含まれていたというのだ。

 みずほ銀行は当初、問題融資は経営陣には報告されず、「報告はコンプライアンス担当の役員止まりであった」などと言っていたが 、実際には経営陣にも報告があがっていた。こうした虚偽の情報開示を行なっていたことや、記者会見などによる事実関係の開示が遅れたことなどにより、社会的な批判にさらされた。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
鷲尾香一 金融ジャーナリスト。本名は鈴木透。元ロイター通信編集委員。外国為替、債券、短期金融、株式の各市場を担当後、財務省、経済産業省、国土交通省、金融庁、検察庁、日本銀行、東京証券取引所などを担当。マクロ経済政策から企業ニュース、政治問題から社会問題まで様々な分野で取材・執筆活動を行っている。
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top