信用金庫にすがる新銀行東京の「素人経営」

執筆者:鷲尾香一 2005年11月号
カテゴリ: 経済・ビジネス 金融

昨年四月に東京都の全額出資で設立された新銀行東京。民間には出資交渉で袖にされ、融資残高も伸びない中で――。 新銀行東京は、石原慎太郎・東京都知事が掲げた「東京都が主体となる中小企業支援のための銀行設立」という選挙公約に基づき、昨年四月一日に設立された(開業は今年四月一日)。設立に先立つ検討段階では、資本金は千五百億円と計画され、東京都が一千億円を出資、残りの五百億円を開業までに民間から集める予定となっていた。 しかし、民間からの出資交渉は難航し、開業後の早い段階で五百億円のうち二百五十億円を民間からの出資で確保し、さらに、その後に残りの二百五十億円の出資を募るよう計画が変更される。それでも出資は集まらず、結局、当初の計画から半年以上遅れ、今年八月にかろうじて民間出資百八十億円を掻き集めた。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
鷲尾香一 金融ジャーナリスト。本名は鈴木透。元ロイター通信編集委員。外国為替、債券、短期金融、株式の各市場を担当後、財務省、経済産業省、国土交通省、金融庁、検察庁、日本銀行、東京証券取引所などを担当。マクロ経済政策から企業ニュース、政治問題から社会問題まで様々な分野で取材・執筆活動を行っている。
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top