強面の宣教師「村上世彰」次は映画界を狙うか

執筆者:鷲尾香一 2005年12月号
カテゴリ: 経済・ビジネス 金融

村上ファンドに出資したい連中が引きもきらないという。阪神株取得ではいささか違う顔を見せたこのご仁、次は映画産業かと囁かれ――。「楽しみにしていてください。さすがは村上だと言われるような、素晴らしいものを出してみせますよ」 阪神電鉄の株式に約一千億円を投じ、三九・七七%を取得して筆頭株主となったMACアセットマネジメント(通称・村上ファンド)。ファンドを率いる村上世彰(四六)はそう言い放ち、胸を張ってみせた。 その内容で目をひくのは、取得株数と投資資金だ。これまで村上ファンドが手がけてきた案件と比べて、株数と投資額の大きさは際立っている。それだけに、「阪神株の出口戦略(収拾のつけ方。株式を売却して利益を得るなど)は大丈夫なのか」と勘繰る声も多く聞かれる。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
鷲尾香一 金融ジャーナリスト。本名は鈴木透。元ロイター通信編集委員。外国為替、債券、短期金融、株式の各市場を担当後、財務省、経済産業省、国土交通省、金融庁、検察庁、日本銀行、東京証券取引所などを担当。マクロ経済政策から企業ニュース、政治問題から社会問題まで様々な分野で取材・執筆活動を行っている。
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top