金正恩体制強化へ、エクアドルの惨劇

執筆者:フォーサイト編集部 2014年1月8日
タグ: 金正恩

本日の更新記事は、平井久志さんの「『張成沢粛清』のトラウマ抱え『唯一領導体系』強化へ」です。「新年の辞」を肉声演説で発表した金正恩氏ですが、テレビで放映された同氏の表情は硬く、叔父を処刑したトラウマから抜け出せていないようにも見えました。一方、冷静に考えてみると、張成沢氏粛清には様々な予兆がありました。

「専門家の部屋」では、「中南米」に「『エクアドルの惨劇』成長の陰で増大する中南米の治安悪化」(遅野井茂雄さん)の新エントリ。南米エクアドルで起きた新婚旅行中の日本人夫婦銃撃事件。経済成長の一方、中南米の治安は悪化するばかり。事件の背景を解説します。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」で常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top