星野智幸さんの新著『夜は終わらない』

執筆者:フォーサイト編集部 2014年6月3日

「世界で起こることはすべて、サッカーでも起こる」を連載中の作家・星野智幸さんが、新著『夜は終わらない』(講談社)を上梓されました。大江健三郎賞を受賞した前作『俺俺』(新潮社)以来、4年ぶりの長編作品です。用済みになった男を殺す前に「私が夢中になれるようなお話」を要求する女。そして、男たちが命がけで語り出す、奇想天外な物語の数々。昨日の読売新聞夕刊で取り上げられていましたが、「星野版『千夜一夜物語』」の見出しが躍っていました。是非ご一読ください。【リンク】

 

 

 

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top