「世襲」に向かうムバラク父子の“反米ポーズ”

執筆者:柳沢亨之 2006年11月号
カテゴリ: 国際
エリア: 中東

「強み」だったはずの米国との密接な関係が、いまやアラブ大衆からの猛反発の原因に。高齢・健康不安の大統領の選択は――。[カイロ発]米国が頼りにする穏健アラブ諸国の雄エジプトで、二十五年の長期政権を率いてきたホスニ・ムバラク大統領(七八)から、二男で与党幹部のガマル・ムバラク氏(四三)への権力“禅譲”の可能性がまことしやかに語られ始めた。だがムバラク大統領が、反米イスラム主義勢力の域内台頭など数々の難局を「世襲」という非常手段で強行突破できるかどうかは、極めて不透明だ。 世襲説は、九月十九―二十一日の支配政党「国民民主党」(党首・ムバラク大統領)年次党大会で一気に現実味を帯びた。大会初日にガマル氏が約一時間の演説をぶったからだ。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top