米キューバ交渉「国際論壇レビュー」が予言

執筆者:フォーサイト編集部 2014年12月18日

日本時間の本日(18日)午前2時からホワイトハウスで行われたオバマ大統領の米国民向け演説は、世界に衝撃を与えました。アメリカはキューバ革命などを受けて1961年にキューバと国交を断絶し、50年以上にわたって経済制裁を加えるなど対立関係が続いていましたが、ここにきて方針を大転換。国交正常化に向けてただちに交渉を開始すると宣言しました。

この世界的ビッグニュース、実は会田弘継さんの好評連載「国際論壇レビュー」では、2014年10月31日の「対『エボラ出血熱』で最も名を上げた国」の中で予言とも言うべき指摘をしており、まさに的中しました。改めてぜひご一読を。無料公開にしました!

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top