中小企業を救えず公共事業に救われる新銀行東京

執筆者:鷲尾香一 2008年4月号
エリア: 日本

 昨年四月、新銀行東京に入行した九人の新入社員たちは、一年も経たないうちに厳しい現実に直面した。就職先が開業から三年にして債務超過の危機に直面し、筆頭株主からの追加出資にすがる事態に追い込まれたのである。 新銀行の圧倒的な大株主は東京都。経営危機を目前にしての新規採用も罪つくりだが、都民全体に対する罪は輪をかけて大きい。都税を使った資本金一千億円(全体の八五%)を二〇〇七年九月中間期までにほぼ食い潰したうえ、さらに四百億円もの都税を注ぎ込もうというのだから。その追加出資にしても、国内外の金融機関に打診した出資交渉が不調に終わったための窮余の一策だ。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
鷲尾香一 金融ジャーナリスト。本名は鈴木透。元ロイター通信編集委員。外国為替、債券、短期金融、株式の各市場を担当後、財務省、経済産業省、国土交通省、金融庁、検察庁、日本銀行、東京証券取引所などを担当。マクロ経済政策から企業ニュース、政治問題から社会問題まで様々な分野で取材・執筆活動を行っている。
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top