フェンシングの誇り高きアマチュアリズム

執筆者:生島淳 2008年10月号

 北京五輪のフェンシング競技で、太田雄貴(同志社大→京都クラブ)がフルーレ個人で銀メダルを取ったことで、日本でもフェンシングへの注目度が俄然、高まった。 日本のフェンシングの成功は、決して潤沢とはいえない強化費を有望な代表選手に集中的に投下する「傾斜配分方式」を採用したことで生み出された。 実はフェンシングに限らず、卓球やオグシオで話題を集めたバドミントンなどは日ごろから世界サーキットが行なわれ、そのランキングによって五輪の出場権が決まる。経済力がなければサーキットに参加できず、五輪の出場権すら得られないというわけである。

カテゴリ: スポーツ
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
生島淳 1967年生れ。広告代理店勤務を経て93年よりライターとして活躍。著書に『大国アメリカはスポーツで動く』(新潮社)など。
キャンペーンお申し込み
フォーサイトのお申し込み
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top