深層レポート 日本の政治
深層レポート 日本の政治 (112)

民主も自民も注視する「小沢辞任」のタイミング

執筆者: 2009年5月号
タグ: 北朝鮮 日本
エリア: アジア

民主も自民も注視する「小沢辞任」のタイミング 四月五日午前十一時半ごろに北朝鮮北東部の舞水端里から発射された弾道ミサイルは、十一時三十七分頃、日本上空にさしかかった。その一分前の十一時三十六分、麻生太郎首相は早くも首相官邸で記者団の前に立っていた。「まず安全の確認、情報収集の強化、そして情報の迅速な提供を指示したところです」 厳しい表情で、そう話した麻生首相だったが、つづいて記者団から発せられた「日本政府としてはどういった対応を……」という質問を無視し、まるでカメラから逃げるかのように、きびすを返して去って行った。そのニュースをテレビで見た自民党議員の一部に失望感が広がった。

カテゴリ: 政治
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
キャンペーンお申し込み
フォーサイトのお申し込み
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top