フィリップ・トルシエ(サッカー日本代表監督) 二〇〇二年W杯をステップボードにフランス代表監督を目指す

執筆者:出井康博 2001年1月号
カテゴリ: 社会
エリア: 日本

「フランスでのトルシエは、(一九九八年ワールドカップで地元フランスを初優勝へと導いた監督)エメ・ジャケのような有名人とは言えません。しかし、サッカー界での評価は高い。次期フランス代表監督の候補としても、五人のうちの一人には数えられる」 そう語るのはサッカー日本代表監督を務めるフィリップ・トルシエ氏の故国、フランスを代表するスポーツ紙「レキップ」のジェローム・トウブラ記者だ。 W杯決勝の翌日、百万人の市民がシャンゼリゼ通りを埋めた、フランス代表チームの優勝パレードは記憶に新しい。二大会続けて欧州予選で敗退していたチームを再建し、W杯を勝ち取ったジャケ監督は、さながら二百年前、イタリア遠征からパリに凱旋した将軍ナポレオンのような国民的英雄となった。その地位を、野心家として知られるトルシエ氏が狙わないはずがない。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
出井康博 1965年、岡山県生れ。ジャーナリスト。早稲田大学政治経済学部卒。英字紙『日経ウィークリー』記者、米国黒人問題専門のシンクタンク「政治経済研究ジョイント・センター」(ワシントンDC)を経てフリーに。著書に、本サイト連載を大幅加筆した『ルポ ニッポン絶望工場」(講談社+α新書)、『長寿大国の虚構 外国人介護士の現場を追う』(新潮社)、『松下政経塾とは何か』(新潮新書)など。最新刊は『移民クライシス 偽装留学生、奴隷労働の最前線』(角川新書)
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top