深層レポート 日本の政治
深層レポート 日本の政治 (38)

小泉首相を苦しめる野党の攻撃、与党のソッポ

執筆者: 2003年3月号
タグ: 日銀 ドイツ 日本
エリア: アジア

 小泉純一郎首相が最近、呪文のように唱えている言葉がある。「電光影裏斬春風(でんこうえいり、しゅんぷうをきる)」。どんなに凄まじい稲妻に斬られようと、春風は受け流してそよぎ続ける。「あなたも泰然として十五年ぐらい総理大臣を続けなさい。そうでなければ改革はできません」。通常国会開幕直後の一月二十一日、この七文字を自ら揮毫した扁額を手土産に首相官邸を訪れた円覚寺(鎌倉市)の足立慈雲管長から、首相はそう激励された。 円覚寺開祖の禅僧、無学祖元が元の兵士に取り囲まれた際に、「剣で私に斬りかかってきても、春風を斬るようなものだ。斬れるものなら斬ってみよ」と少しも動じず、その姿に兵士の方が怖気づいて逃げ去ったという故事が出典だとの説明を聞きながら、首相は「これはいい。これからは野党から何と言われようと、『春風だ、春風だ』と思えば、どうということはないね」と、満面に笑みを浮かべたものだ。

カテゴリ: 政治 経済・ビジネス
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top