不妊治療 加速する「最新医療技術」

執筆者:水木楊 2004年6月号
タグ: 日本
エリア: アジア

 思い切ってやらせるにはリスクがある。さりとて、実際にやってみなければ利害得失は分らない――科学技術が抱える宿命的なテーマである。 子供を産みたいが、生まれないというカップルのために施す不妊治療にも、この宿命的なテーマが横たわっている。 ここ十数年、不妊治療を希望する患者は急増した。いまや全出産の一%、つまり百人に一人は不妊治療によるものとされている。 女性の生殖能力は二十代がピークで、年を経るにつれ低下していくが、女性の社会進出が盛んになり、出産期が遅れていることが最大の原因だ。現代社会のストレスが不妊の遠因になっていることもある。

カテゴリ: 社会
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイトのお申し込み
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top