【金】原発再稼働と司法、日米関係

執筆者:フォーサイト編集部 2015年5月15日

本日の更新記事は、塩谷喜雄さんの「原発再稼働と司法(上)『愚直な明断』と『賢しき黙認』を分けたもの」です。正反対の司法判断が出た背景に何があったのか。裁判官自身の特異さに理由があるのではなく、もっと根源的な問題がありそうです。

 

「専門家の部屋」では、「アメリカ」に「安倍訪米後の『新時代』日米関係(上)中国にどう対応するか」(武内宏樹さん)の新エントリ。安倍首相訪米で新たな段階に入った日米関係。その陰の主役は中国。そして中国の存在感が増すほど、米国にとっての日本の存在感も大きくなります。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top