「一時国有化」もありえる「東芝」の土俵際

 案の定、東芝の再建が迷走している。3月に医療機器と白物家電の子会社を売却したのに続き、米原発子会社ウエスチングハウス(WH)の事業価値について、2016年3月期に約2600億円の減損処理をすると4月26日に発表。リストラが着々と進んでいるように見えるが、現実は「手当たり次第に売れるものを処分し、不可避のことに対処しているに過ぎない」(大手証券アナリスト)。今後の収益を支えると同社が位置付ける半導体、原発、社会インフラの3事業は、グループ従業員約20万人を抱える巨大企業の安定収益を支えるにはお寒い限り。業績のV字回復どころか、「東芝の地獄はこれから」(同)との見方がもっぱらだ。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top