【水】英国ワインの運命、EUの来た道

執筆者:フォーサイト編集部 2016年7月13日

本日の更新記事は、西川恵さんの好評連載「饗宴外交の舞台裏」第218回「『EU離脱』とともに『排除』される英国ワインの運命」です。自任を決め、EUでの「最後の晩餐」に臨んだキャメロン首相。そこで供されたのは英国の白ワインでしたが、EU離脱とともに英国ワインの運命も大きく変わろうとしています。

 

そして「専門家の部屋」の「ヨーロッパ」には「EUの来た道(下)それでも『統合』は進んでいる」(渡邊啓貴さん)の新エントリ。困難な時代には統合は一見進んでいないように見えるが、その克服のための模索は新しい制度設計を準備する。それが、ヨーロッパ統合が歩んできた道だ。リーマンショック以来の逆風の中でも、実は欧州統合は後退しているわけではない。統合には必然性がある――。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」で常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
キャンペーンお申し込み
フォーサイトのお申し込み
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top