饗宴外交の舞台裏
饗宴外交の舞台裏 (221)

アラブの王室が「天皇陛下」に注ぐ「尊敬の念」

執筆者:西川恵 2016年10月17日
エリア: 中東 アジア
この写真に世界が感嘆した

 

 前回この欄で、訪日したサウジアラビアのムハンマド・ビン・サルマン副皇太子に対する安倍晋三首相の厚遇について書いた(2016年9月14日「親日『サウジ副皇太子』へ安倍首相『異例の厚遇』」)。実はムハンマド副皇太子に絡んでもう1つ触れておきたいことがある。それはアラブの王室の日本の皇室に対する深い尊敬の念である。

 

世界が称賛した写真

 副皇太子は8月31日から9月3日まで日本に滞在し、9月1日、天皇陛下は皇居・御所で副皇太子と会見した。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
西川恵 毎日新聞客員編集委員。1947年長崎県生れ。テヘラン、パリ、ローマの各支局長、外信部長、専門編集委員を経て、2014年から客員編集委員。2009年、フランス国家功労勲章シュヴァリエ受章。著書に『皇室はなぜ世界で尊敬されるのか』(新潮新書)、『エリゼ宮の食卓』(新潮社、サントリー学芸賞)、『ワインと外交』(新潮新書)、『饗宴外交 ワインと料理で世界はまわる』(世界文化社)、『知られざる皇室外交』(角川書店)、『国際政治のゼロ年代』(毎日新聞社)、訳書に『超大国アメリカの文化力』(岩波書店、共訳)などがある。
キャンペーンお申し込み
フォーサイトのお申し込み
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top