【金】近江・稲部遺跡、逆張りの思考

執筆者:フォーサイト編集部 2016年12月9日

昨日午後、成毛眞さんの「逆張りの思考 トム・ハンクスはお目が高い」をアップロードしました。夕方4時頃、蕎麦屋でひとり杯を傾けることこそ至福! かのトム・ハンクス氏にもそれが伝わったでしょうか。 

本日の更新記事は、関裕二さんの「国際人のための日本古代史(81)『近江・稲部遺跡』は『ヤマト建国』の起爆剤か」です。ヤマト建国を主導したのは、史学者が「後進地域」と決めつけている「東の勢力」ではないか? そう考えると、滋賀県彦根市の稲部遺跡の意味が、くっきりと見えてきます。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」で常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top