【水】宇治茶外交、朴大統領弾劾

執筆者:フォーサイト編集部 2016年12月21日

昨日午後、西川恵さんの好評連載「饗宴外交の舞台裏:パリに乗り込んだ京都『宇治茶外交』の可能性」をアップしました。宇治茶とフレンチ。意表を突いた組み合わせですが、京都府は「自治体外交」として宇治茶を世界にアピールすべく趣向を凝らした取り組みをしています。

そして今朝は「専門家の部屋」の「朝鮮半島」に、「朴大統領『弾劾列車』の終着駅は?(上)揺れる憲法裁判所、居直る大統領」(平井久志さん)の新エントリ。朴槿恵大統領の弾劾訴追案は国会で可決されましたが、これで一件落着ではありません。ところが、最終的な判断を下す憲法裁判所は裁判官の任期問題が重なって揺れ、当の大統領は居直りのような動きを――。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」で常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top